強制ではありません

テレフォンレディーというと、インカムを付けた女性が、webカメラを使って男性とおしゃべりをするイメージが強いかもしれません。しかし、ライブチャットサイトによっては、メールのみでも稼げて、男性のバイトも登録できるところがあります。

■テレフォンレディーの形式 働き方
テレフォンレディーは、携帯やパソコンからライブチャットサイトを通して、男性とチャットや会話をするパターンが一般的です。カメラは使っても、顔出しは強制ではありません。しかし、知らない男性とおしゃべりするのは抵抗がある場合、メールのみでも仕事ができます。

メールの場合、スマホからでも気軽にできるうえに、ライブチャットがつながるまでの待機時間も必要ありません。サイトにログインして、ネット上でメールのやり取りをするため、アドレスが男性客に知られることもありません。

■メールのみで月収30万?ランキングやイベントを利用して
多くの専用サイトでは、売り上げがランキングで発表され、上位に入るとポイントがもらえます。プロフィールの閲覧数を競う、あしあとランキングもあります。頑張った分だけ、収入がアップする仕組みです。

サイトによっては、月に1回、ボーナスポイントが当たるイベントを開催しています。ゲームで勝てば、報酬も倍増です。また、クリスマスやバレンタインなど、季節ごとのイベントもあります。その日は男性会員のログインも増えるため、参加すれば1日のうちに一気に稼げるのが魅力です。

■男だからといって諦めないで!ネカマOKのサイトもあり 
多くのライブチャットサイトでは、男性の採用はしていません。なかには、男性の方が、同性であるお客さんの喜ぶポイントが分かる、という理由から性別問わず募集をしているケースがあります。

この場合、やり取りはチャットやメールなど、文字のみです。支払いの形態も、会話とは違うため、あらかじめライブチャットサイトをいくつか見て確認しておきましょう。かわいい格好をした男の娘も、カメラの位置を調整して参加している模様。

テレフォンレディーで本業以上に稼ぐ人も

テレフォンレディーのお仕事は、自宅にいながらできることもあり、アルバイトでやっている女性も多いですし、もちろん社会人の人でも副業でやっている女性は少なくありません。

メールレディとは違う、テレフォンレディーの場合はリアルタイムで男性とやり取りすることになります。
文字だけでやり取りする方法あれば、Webカメラを搭載して顔を見せた状態でやり取りする、いわゆるライブチャット形式でやり取りする方法もあります。
当然ですが、ライブチャットの方がより多くの報酬をもらうことができます。

メールレディに比べると、多少の会話力は求められるかもしれませんが、それでも基本的には男性と楽しくお喋りするだけでいいので、決して難しい仕事ではありません。

こちらも報酬の方は歩合制が基本となっているため、男性とチャットをした時間に応じて報酬をもらうことができます。
したがって、どれだけ長い時間男性とチャットできるかが、高収入の鍵となるわけです。

メールレディよりも報酬自体も高くなっていますから、女性によってはかなりの収入を得ている人もいます。
中には、副業としてやっているにも関わらず、本業以上に稼ぐ人もいるぐらいなのです。

テレフォンレディーは、稼ぐ人にもなれば時給換算で5000円を超えると言われています。
純粋なチャット時間による報酬以外にも、男性から別にオプションを付けてもらったり、プレゼントをもらえることも多いので、さらに報酬の方は高くなるのです。

そうなれば、週に10時間働くだけでも週給5万円、それを1ヶ月やれば月給20万円になるわけです。
もちろん、もっと働けばさらに多く稼げますから、本業の収入を軽々と超えてしまうのです。

むろん、実際にそこまで稼ごうと思ったら、かなりの努力が必要になるので、誰にでも稼げる金額ではありませんが。
それでも、どんな人であっても、高収入のチャンスは大いにあるわけです。

ライブチャットと出会い系サイト

ライブチャットと出会い系サイトの違いは出会いを求めているのかどうかです。
ライブチャットの場合はチャットレディはお金を稼ぐ事を目的にライブチャットをしています。

そのためライブチャットですごく好みの女性であっても楽しくおしゃべりは出来ても仲良くなったから直接会うという展開に発展する事がありません。
出会い系サイトの場合はライブチャットを出会い系サイトで知り合った相手をしようと思ったらかなりの時間がかかります。

やはり知らない相手に自分の顔を見せるのは抵抗がありますし。それこそ実際に会ってもいいかなと思えたら会う直前に顔合わせという事で一足先にライブチャットをする事はあるかもしれません・
ですがそこまで行き着くのが大変なので、別に直接出会いたいわけではない。
とりあえず今癒しを求めて女の子としゃべりたいんだ、可愛い子が自分の話をニコニコと聞いて欲しいと思っているのならライブチャットはお金を払うので即ライブチャットの相手をしてくれる子は見つかります。

出会い系サイトのサービス機能の中にもお互いを知るためにとコンテンツでライブチャットもあります。
ですがメールのやり取りは面倒だから今すぐライブチャットでお互いをよく知るために話さない?と誘ってもOKしてくれないでしょう。

ライブチャットではチャットレディとして顔出しする準備をした状態でパソコンの前にスタンバイしているはずです。
それに対して出会い系サイトは自宅でパソコンの前で掲示板カキコミやメールを書くつもりはあってもライブチャットをしようとは全く考えていません。
すっぴんで髪の毛もボサボサでいきなり誘われてライブチャットが出来る状態の女性はいません。

ライブチャットはリアルバーチャルコミュニケーション

ライブチャットはリアルバーチャルコミュニケーションです。
リアルでバーチャルと言われると、じゃあどっちなの?と思う人もいるでしょう。
ですがそれぐらいリアルとバーチャルの境目がなくなりつつあるという事です。
確かにネット回線越しの出会いで相手に触る事は出来ません。
しかしよく考えてみて下さい。日常生活の中でも私たちは目の前に女の子がいて向かい合って会話している時にいきなり触る事なんて出来ません。
それこそ恋人関係なら話は別ですが、初対面でよく知らない相手にいきなり触ったらそれはもう痴漢ですよね。

つまり同じ触れないのであればネット回線越しでもリアルに向かい合うのも大差はないと言えるでしょう。
それに今はパソコンの液晶の画面もキレイですし、音声もクリアです。
ライブチャットでも十分に楽しめると保証します。

そもそも日常生活の中で女の子と2人で会話する機会なんてそうそうありません。
そのくせ合コンに参加するような肉食系女子は苦手・・・・・なんて事を言っていればもう出会うチャンスなんてないですよね。
しかし日常生活で出会えなくてもお金を払えばバーチャルリアリティでライブチャットを楽しめるわけです。
女の子と話をするためだけにお金を払うの?と思う人もいるかもしれませんが、でもキャバクラだってそうです。
それに疑似恋愛を楽しむ恋愛シュミレーションゲームにだってお金を払いますよね。
それと同じで楽しい時間を過ごせるわけですから言ってみれば娯楽費だと言えるでしょう。

それにAVにお金を払うよりもライブチャットのアダルトなら生着替えや生オナニーを見せてもらえるかもしれません。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.